コラム|株式会社イング【ING】

優秀な人材を採用するために担当者が対策とは

優秀な人材を採用するのが難しい時代へ

優秀な人材を採用するのが難しい時代へ

優秀な人材を採用したいと思っても、人手不足や有効求人倍率の高騰により、競争は激しくなっています。
誰もが知っている有名企業であっても苦戦することも少なくありません。
優秀な人材を採用したくても決して簡単なことではないと企業人事担当者は理解した方がよいでしょう。
また、優秀な人材であると思ったのに、結果的にミスマッチしてしまう場合は、採用手法に問題があるかもしれません。
求める人物像を明確化していない、主観的な評価を重視しすぎているなどが問題となる場合も少なくないです。
企業人事担当者は自社にとって優秀な人材を採用するために、採用管理システムを導入することを視野に入れた方がよいでしょう。
採用に関する業務を一括管理すれば、主観的な評価を下すことも少なくなります。
そして、採用活動を振り返って何が問題点で解決するためにはどうすればよいかを模索できるのも大きいです。

求める人物像を明確化して開示する意味

求める人物像を明確化して開示する意味

求める人物像以外の応募が多く、結果的にミスマッチしてしまうことも少なくありません。
企業人事担当者が行うべき対策としては、求める人物像を明確化して開示することです。
求職者も自分が求める人物像に当てはまるかを考慮して応募するかを決められます。
さらに、今までの採用方法が正しかったとしても、市場は変化していくものです。
今年成功する保証はなく、柔軟な対応をしていく必要があります。
人材紹介会社からの紹介では、認識のミスマッチをなくすのが肝心です。
具体的によかった点と悪かった点を伝えることで、適した人材を紹介してもらえる可能性は高まります。
優秀な人材を採用するのは決して偶然からなるものではなく、企業側の適切な対応からなるものと認識すべきです。
人材獲得競争が激化する昨今において、優秀な人材を採用するのは簡単ではありません。
何をすべきか明確でないとミスマッチは多いままです。

コラム一覧