高齢者採用の対策とは | 株式会社イング【ING】
コラム|株式会社イング【ING】

高齢者採用の対策とは

高齢者の雇用について

高齢者の雇用について

日本は、少子高齢化社会と言われており、高齢者雇用について注目が集まっています。
高齢者雇用の対策や内容を知り、高齢者の知識や経験を自社の経営に活かしていきましょう。
近年、高齢者は就業意欲が非常に高いと言われており、採用すると企業にとってもメリットがあります。
実際に多くの高齢者は、これまでの経験や知識、スキルが十分にあるという意識を持っている人が多いのです。
企業は、高齢者を採用すると、新卒などの若者の就業機会を奪ってしまうと思ってしまいがちですが、人手不足が問題になっている日本では、高齢者が働き続けても若者たちの雇用機会をなくすことにはなりません。
高齢者のこれまで身につけてきた知識やスキルを発揮できることが、雇用する側にとっての大きなメリットとなります。
専門知識を持つ高齢者は非常に貴重な存在で、年齢を重ねても能力がすぐに衰えることはありません。
求められて働くということは、高齢者にとっても嬉しいことでしょう。
採用担当は、積極的に高齢者を採用してみてはいかがでしょうか。

高齢者の継続雇用

高齢者の継続雇用

高齢者を採用する上での対策として、働き方が挙げられます。
高齢者の採用に積極的な企業では、定年後の社員と定年前の社員の働き方を同じにするのではなく、異なる働き方を取り入れているのです。
例えば、定年後の社員は短時間勤務にすることや、成果責任を問わないなどの対策をしている企業が多く、大手企業ほどこのような対策を取り入れています。
また、担当する業務や能力を考慮して定年時の給与より低い水準に設定し、成果への期待を小さくしている企業も少なくありません。
このように、定年後の契機に仕事配分や働き方を変え、雇用を継続する対策をしている企業が増えてきています。
高齢者側も、新しい職場で失敗することを恐れていることもあり、同じ企業で継続的に働くことを望んでいる人が多いです。
高齢者を継続雇用する際には、採用担当者は希望する雇用期間や業務内容を確認して、会社の雇用体制を同意の上で雇用しましょう。

コラム一覧