コラム|株式会社イング【ING】

採用に人柄を評価する必要性とは

人柄を評価することは早期離職の低下につながる

人柄を評価することは早期離職の低下につながる

採用基準はそれぞれの企業で異なりますが、人柄を評価している企業もあるのではないでしょうか。
採用面接で人柄を評価する必要性について知っておきましょう。
人柄を見極めることは、企業にとって合う人材かどうかを見極めることはもちろん、すでに働いている従業員との人間関係を理由に離職しないことも見極めることが重要です。
近年、早期離職を低下させるために自社に合う人材を見極めて採用する重要性が高まっています。
応募者の人柄を評価する必要性の1つに、企業においての円滑なコミュニケーションがとれることが挙げられます
これは人間関係を理由に離職することを防ぐことができるでしょう。
また、人柄を重視すると真面目さや熱意があり、変化に対応できる人だと判断することもできます。
人柄を評価した採用面接を取り入れてみてはいかがでしょうか。


応募者との対話を大切にしよう

応募者との対話を大切にしよう

採用面接で人柄を評価するためには、応募者との対話が大切なポイントになります。
面接者が一方的に質問をしたり、応募者の話だけを聞いたりするだけでは、人柄を判断することができません。
対話をするためのポイントは3つあります。
1つは、適性検査などのデータを活用することです。
客観的に企業と合うのかどうかを判断することができます。
優秀であるかを見極めるのではなく、企業に合うのかを確認してください。
2つ目のポイントは、適性検査の結果を基に採用面接で確認したいポイントを明確にして質問の準備をすることです。
対話を深める質問を考えましょう。
3つ目のポイントは、客観的な評価基準で応募者を判断することです。
面接者の主観ではなく、具体的な尺度を明確にし、その基準に達しているかどうかを判断してください。
採用面接で人柄を評価する目的は、応募者の人間性を知ることだけではなく、企業の社風に適応し、その人らしく働くことができるのかを判断することが一番の目的です。
人柄を重視すると伝えておきながら、実際の面接では専門知識に関する質問や、マニュアル通りの面接をする企業も少なくありません。
応募者、企業の双方にメリットがある採用面接を行いましょう。

コラム一覧