コラム|株式会社イング【ING】

採用担当者が中途採用の面接で聞くこと

中途採用面接で採用担当者が気をつけること

中途採用面接で採用担当者が気をつけること

新卒ではない中途採用応募者は、前職での経験もあるため比較的即戦力になりやすいです。
しかし、企業にとって本当に即戦力になるかを、採用担当者は面接で見極めなければなりません。
採用担当者が中途採用の面接をする際には、どのような目的で中途採用をするのかを明確しておかなければなりません。
目的を明確にすることで必要な能力、人材が見えてくるため、聞かなければならない質問や見るポイントがはっきりしてくるでしょう。
また、一定の評価基準を設けておくと、企業にとって即戦力なるかを判断しやすくなります。
そして面接時や面接前には、必ず履歴書や職務経歴書に目を通しておくことが大切です。
職務歴を確認すると同時に、申告とズレがないか、誇張がないかなどに気をつけなければなりません。
履歴書などを見ることで、面接時に採用担当者からの質問や即戦力の判断へと繋がるでしょう。
面接時には採用担当者だけでなく、部署の責任者などの今後働く上で関わりやすい従業員とともに面接を行うと、より即戦力としての能力が分かりやすくなります。

中途採用で面接時に聞くこと

中途採用で面接時に聞くこと

中途採用の面接で採用担当者は、企業に即戦力となる人材を見極めなければなりません。
履歴書などでも情報を得ることはできますが、面接で直接コミュニケーションを取ることで見極めていきましょう。
まず、転職理由については詳しく聞いておきます。
どのような理由で退社を決めたのか、理由は前向きなものかなど、企業にとってプラスになるような人材かを判断しやすくからです。
繰り返し転職していたり、転職理由が明確に答えられなかったりする場合には、採用してもミスマッチになりやすいでしょう。
そして、転職理由を聞いた上で志望動機を聞きます。
中途採用応募者が企業に対してどれほどの理解があるか、入社後の目標、モチベーションなどは聞くことが大切です。
また、中途採用の面接では採用担当者から「何か質問はありますか」と聞いてあげましょう。
中途採用応募者は前職との比較や、入社後の業務内容、専門的な質問など職務歴があるからこそ、質問したいことがあるはずです。
どのような質問をされるかによって、企業への関心や理解、即戦力になるかも採用担当者は判断しやすくなります。

コラム一覧