採用における面接官の心構えについて | 株式会社イング【ING】
コラム|株式会社イング【ING】

採用における面接官の心構えについて

企業担当者が面接を行う目的を理解しておく

企業担当者が面接を行う目的を理解しておく

企業担当者である面接官が、面接を行う目的を理解し、採用時における心構えが必要です。
採用時には企業担当者の面接官として必要な人材、魅力的な人材を見つけなければなりません。
即戦力となる人物や、すぐに会社を辞めないような人材も見つけていきます。
また、せっかく見つけた優秀な人材を他の企業に採られないように、応募者とのコミュニケーションの中で自社のアピールも欠かせません。
いくら優秀で、会社にとってプラスになる人材を見つけても、コミュニケーションの中でミスマッチを感じさせ、早期退職につながると、会社のマイナスになってしまいます。
そのため、応募者の声に耳を傾けコミュニケーションを図り、何を会社に臨んでいるのかも、コミュニケーションの中で理解することが、企業担当者の面接官にとっては大切な心構えになります。

面接官である企業担当者の役割を頭に入れておく

面接官である企業担当者の役割を頭に入れておく

応募者は面接時に、本来の自分を出せていないのが大半でしょう。
企業担当者の面接官は、応募者の本来の姿がどのようなものであるかを見極めることが役割です。
面接の時間は短いですが、その中で採用をしても問題ないかどうかを決めます。
そのため、応募者の情報を元に面接時で質問をして、本来の姿を引き出していくことを心構えとして理解しておきましょう。
企業担当者は、優秀な人間を採用したいと思うでしょう。
また、優秀な人材を確保して採用するためには、人材を見抜く力が必要で、見た目や話す内容だけに惑わされたりしないことが大切になります。
しかし、応募者がミスマッチを感じれば、採用を辞退することになってしまうので、働きやすさややりがいをアピールすることも大切です。
企業担当者も企業の一員のため、おもてなしの心を忘れず、採用後に一緒に働きたいと思ってもらえるような心構えが必要になります。
決して応募者を上から見るような態度をしてはなりません。
求めている情報を丁寧にコミュニケーションで伝え、入社意欲を高めるようにすることが心構えに必要です。

コラム一覧