コラム|株式会社イング【ING】

採用活動における応募者を見るポイント

応募者の第一印象はポイントに

応募者の第一印象はポイントに

はじめての人と出会って、印象に残るのが第一印象ですが、これは企業担当者が、採用の面接時に応募者を見るポイントと同じです。
採用時には企業担当者は第一印象を見て、ある程度その人物を理解しましょう。
企業で働くうえで色々な人と仕事をしますが、その仕事上でも第一印象は大切なポイントです。
また、第一印象が悪いとその人に対する印象はずっと悪いものになってしまい、第一印象が良いと、その後のその人の印象も変わらず良いものとなります。
面接に来ているのに服装がきちんとしていないのは、社会人としてのだらしなさを感じます。
しわがあったり、ほこりが付いていたりするスーツを着て、面接に挑んでいるのであれば、仕事に対する姿勢が良くないと判断できます。
企業担当者は採用時に、応募者の第一印象を大切に見極めましょう。

雰囲気の中で人物を見極めることがポイント

雰囲気の中で人物を見極めることがポイント

応募者を面接する時、企業担当者はできるだけリラックスした雰囲気の中で質問をしていきましょう。
緊張感が続く状態のままでは、応募者を見極めることはむずかしいです。
書類の上で優秀なスキルを持っていても、表面上のことです。
応募者本人の考え方や、仕事に対する姿勢などを理解しづらくなってしまいます。
そして、リラックスをした雰囲気の中では、応募者も企業担当者に促されると話しやすくなるため、どのような人物であるかを理解しやすくなるポイントがあるのです。
やる気を持って面接に臨んでいれば、そのような態度や言葉が応募者から見ることが出来、反面に軽い気持ちで面接に臨んでいるのであれば、言葉の端々に見えてくるでしょう。
採用担当者は、採用時に多くの応募者の中から、優秀な人材を見つけ出すことは大変な作業です。
しかし、即戦力となる人材や優秀な人材を採用することで、会社のさらなる発展が望めます。
応募者一人一人を、面接の短時間で探し出すためにも、コミュニケーションを図って、良い人材を見極めていきましょう。

コラム一覧