採用活動の際に自社をアピールするポイント | 株式会社イング【ING】
コラム|株式会社イング【ING】

採用活動の際に自社をアピールするポイント

自社をアピールする

自社をアピールする

多くの企業が人材不足に陥っています。
その中でも優秀な人材を探すためには、自社の魅力を採用時にアピールすることが大切です。
採用活動を行う際には、応募者にとって魅力と感じられるアピールポイントをいくつか考えておきましょう。
企業として自社には、どのような理念やビジョンがあるのかを訴えれば採用者の心に強く響くはずです。
自社を説明するときに事業内容だけを説明するのではなく、仕事を通じてどのようなやりがいがあるのか、どのようなスキルが磨かれるのかもアピールポイントとなります。
いい所ばかり話すとかえってマイナスなイメージを持つ応募者もいます。
何にでも良いところもあれば悪い点もあるので、自社の良い点をばかりをアピールするのではなく、悪い点も話しましょう。
日々の仕事において、苦労したポイントなどを実例を交えて話すといいです。

待遇面は具体的に

待遇面は具体的に

企業に就職するときに、やりがいがある仕事であるのかなども需要なことですが、どのような待遇面があるのかが一番気になるポイントです。
待遇面に関しては出来るだけ具体的に話した方が採用者の心に響きます。
給与や福利厚生などに関してだけではなく、入社後に転勤や異動はあるのか、週休2日であるのか、残業はどの程度あるのか、入社後の人材育成の研修などについても具体的に話を聞けば、入社後の自分がリアルに想像できます。
社内にはどんな先輩や上司がいて、どのような雰囲気で仕事をしているのかを具体的に伝えるのもいいでしょう。
学生時代とは違って社会人になるとどのような雰囲気の中で仕事をしていくのかが、具体的な話を聞くことによって把握することができるので、自分が想像をしていた企業であれば、この企業に入りたいというポイントにつながっていくでしょう。
採用担当者は人材を確保するため自社のアピールをするには、しっかりと下調べと準備をして行う必要があります。
優秀な人材を逃したくないと強く思うのであれば、入念な準備が必要になってくるのです。

コラム一覧