コラム|株式会社イング【ING】

採用担当者が考える志望者を増やすサプライズ

志望者に対するサプライズ演出

志望者に対するサプライズ演出

企業が求人を出して志望者を面接し、採用するかどうかを決めますが、中には応募数が少ない企業もあるのではないでしょうか。
また、内定を出したのにもかかわらず、内定辞退数が多いと悩んでいる採用担当者もいるでしょう。
志望者が少ない企業は、サプライズ演出を取り入れてみると良いかもしれません。
サプライズ演出の一つにフラッシュモブがあります。
座談会や説明会、グループワークなどが選考途中でありますが、フラッシュモブをサプライズで演出すると、志望者の心をつかむことができるのです。
話題になると志望者も増えるでしょう。
フラッシュモブは単に面白い、ユニークといった無意味なものではなく、社風が伝わる、好印象を与えるサプライズ演出でなければなりません。
サプライズ演出が成功すると採用につなげることができます。

フラッシュモブを活用しよう

フラッシュモブを活用しよう

フラッシュモブとは、一般人だと思っていた人がいきなり踊りだしたり、歌いだしたりするサプライズ演出のことです。
元々はいたずらの一つとして行われていましたが、最近では結婚式やプロポーズをするときにサプライズで演出する人が増えてきました。
実際に、サプライズ演出でフラッシュモブをした企業があります。
フラッシュモブを見た志望者は感動し、涙を流した人もいるそうです。
その様子をYouTubeなどSNSにアップすると、就活生に対して思いやりがある、素敵な会社、この企業を視野に入れて就活したいなどと良い反応が多いため、サプライズ演出を活用するメリットがたくさんあります。
フラッシュモブの経験者がいない、踊れる人がいない企業もあるでしょう。
素人でもレッスンをしてくれたり、ダンサーを用意したりするフラッシュモブ専門の会社もあるのです。
企業でサプライズ演出を考えるときには、依頼してみるのも一つの方法でしょう。
フラッシュモブ以外にもサプライズ演出を考え、社風や志望者に好印象を与える採用方法を考えてみてはいかがでしょうか。
サプライズ演出をしたあとは、SNSや自社サイトを活用して多くの人に知ってもらうことが大切です。
採用担当者は効率の良い採用方法を取り入れてみてください。

コラム一覧