コラム|株式会社イング【ING】

Facebookを採用に利用する注意点とは

Facebookをソーシャルリクルーティングに利用する

Facebookをソーシャルリクルーティングに利用する

現代ではFacebookをはじめとしたSNSを利用したやり取りは、もはや日常の一部として溶け込んでいるという人も多いでしょう。
数あるSNSの中でもFacebookは当初から実名登録を推奨していただけあって、友人や知人を探すため、また様々な方面に自分を売り込むために実名で使い続けているユーザーだけでなく、就職の情報収集のために利用している人も多くいます。
こうしたことを見越して企業はSNSに広告を出し採用専用のアカウントを作って情報を公開していることころもあります。
Facebookの記事だけを見て企業が求職者に直接声をかけるということは稀ですが、学生や仕事を探している人の中でSNSは情報をキャッチするための有益な手段となっていることは間違いないと言えるでしょう。

Facebookを使った採用の注意点は?

Facebookを使った採用の注意点は?

求職者がFacebookを使って企業の情報や採用について調べているだけでなく、企業もまた自社に応募してきた人がどんな人物かSNSで検索をかけて調べていることも珍しくありません。
企業側が応募者の情報をSNSで集める理由として、企業の理念に沿わない行動をしていないかその確認をするためだと考えられます。
普段からカジュアルに使えるSNSだからこそ、破目を外しすぎたパーティーの写真や前職の職場や同僚に対する暴言など不適切な言動がないか採用担当者もチェックを入れているということになります。
勿論、SNS上ではそんな素振りを見せないよう気を配っているという人もいるでしょう。
しかし、容易に個人が検索・特定できるFacebookでは、応募者の様々な面を企業が見ることも可能になっているのです。
Facebookを採用に取り入れる際に注意すべき点として、企業が応募者のSNSを採用の参考にしていることがわかった時に企業に対してマイナスのイメージを持たれる可能性があるという点です。
また、SNSでの言動が必ずしも応募者の素性全てを表わしているわけではないということを覚えておく必要があります。

コラム一覧