コラム|株式会社イング【ING】

採用での課題である人材要件定義の曖昧さとは

人材要件定義の曖昧さによる問題点

人材要件定義の曖昧さによる問題点

人材を採用するにあたって多くの企業がコミュニケーション能力や主体性を重要視しているものの、数十分での面接で将来活躍していけるかどうかを予測するのは困難です。
さらに、理想の人材を求めてしまうことで企業と候補者の間の期待が曖昧となり、ミスマッチにつながります。
応募数は増やすという方法は資金のない企業では選択できず、選考時点においての正確さを向上させることが先決です。
専門性やスキルを重視する企業は圧倒的に少なく、人材要件定義の曖昧さによる問題点の要因になります。
採用に時点で求める人材を適切に見極めることによって、離職防止にもなります。
求める人材を適切に定義することで効率的な採用が可能です。
明確な人材要件が揃い、他社との差別化を図れればよりよい人材の確保につながります。

自社にあう人材を選択する

自社にあう人材を選択する

それぞれの企業では経営方針や社風は異なり、従業員の価値観についても異なるものです。
一般的によいとされる人材を選択するのはひとつの方法ではあるものの、あくまでも重要となるのは自社にあう人材を選択することにあります。
すべてにおいてパーフェクトといえる人材を求めるのではなく、コミュニケーション能力や主体性、誠実さや好奇心旺盛といった何かに特化した人材であるかに注目した方がよいでしょう。
そして、これから行ってもらう業務に適しているかも考えていくべきです。
スキルや専門性を重視して人材を選択する場合は難しく考えることはないものの、日本企業では重視することはほとんどありません。
自社の社風にあうかどうかを重視した方が離職の可能性も低くなり、もっている能力を発揮しやすくなります。
採用での課題である人材要件定義の曖昧さは人材採用における大きな問題点です。
求める人物像と一致し、さらにプラスアルファでよいとされる要素があるかを探していくのがよいでしょう。

コラム一覧