コラム|株式会社イング【ING】

コンピテンシーを採用に活用するためには

コンピテンシーモデルとは

コンピテンシーモデルとは

「コンピテンシー」という言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。
コンピテンシーとは、特定の業務や役割において突出した成果を出し続ける行動特性のことです。
コンピテンシーを分析すると、アウトプットに繋がる行動様式を策定することができるため、採用面接をはじめ企業の生産性に貢献します。
コンピテンシーの特徴は、学歴や専門性を必ずしも備えているわけではないことです。
頭の良さではなく、他者とは異なる行動特性を持っており、高い業務遂行能力を発揮するとされています。
コンピテンシーのモデル化が生産性の高い人材を量産するポイントです。
成果を挙げている人材の行動特性をモデル化して広げることで、社員の能力値を底上げすることができます。
コンピテンシーモデルを構築するためには、事業や業務、風土など、様々な要因を分析しなければなりません。
優秀な人材を採用面接で獲得したい担当者は、まずはコンピテンシーモデルの構築から始めてみてはいかがでしょうか。


コンピテンシーを採用面接で取り入れよう

コンピテンシーを採用面接で取り入れよう

コンピテンシーモデルは行動特性であり、どういった状況下でどのような対応を行うのかが具体的な指標になります。
そのため、採用面接時でも候補者が述べた過去の振る舞いや体験談など、企業が求めているコンピテンシーであるか判断しやすいです。
これまでの採用面接では職歴や学歴、専門性、スキルといった明確にわかるものを基準に合否を決めていましたが、時代が変わるにつれて採用面接で見抜くポイントも変化してきています。
現代では、候補者の定性的な側面をどのように推しはかり優秀な人材を見抜いて、活躍してもらうかが重要なポイントです。
コンピテンシーに対する捉え方は企業によって様々であるため、企業それぞれの目的に適切な設計をしなければなりません。
コンピテンシーを採用面接で用いて組織づくりに導入するには、労力と手間がかかります。
しかし、コンピテンシーが社員の育成や評価にもたらすメリットは大きいものです。
それぞれの企業に適したコンピテンシーモデルを取り入れて、採用面接で有効活用してみてはいかがでしょうか。

コラム一覧