コラム|株式会社イング【ING】

採用で求める人物像を明確化することが重要な理由とは

自社に合う人物像を明確化する意味とは

自社に合う人物像を明確化する意味とは

多くの企業では一般的によいとされる人材を採用にあたっての基準としているものの、自社に合う人材であるかに注目すべきです。
採用で求める人物像を明確化できていないからこそ、一般的によいとされる人材を採用することになります。
しかし、一般的によいとされる人材はそう多くはありません。
人気企業であるのならまだしも、知名度の低い企業であればより苦労するのは明白です。
自社の社風に適した人物像を明確化して、該当者を絞っていきましょう。
今現在持ち合わせているスキルはもちろん、自主性、好奇心、忍耐力、成長意欲などの性格面で合うかどうかも考えた方がよいでしょう。
今後のサービスの方向性や社風を加味した自社らしさはそれぞれの企業によって異なります。
自社に合う人材を採用するためには、人物像を明確化しないといけません。
その企業で活躍する人材像はさまざまです。
入社した企業の社風に合わず、活躍できなかったという例は少なくありません。
ミスマッチの結果、早期退職をしてしまうと大きな損失となります。
求める人物像を明確に掲げると、求職者も合うか合わないかを考慮して選考受験を避けることもできます。
効率的に採用活動を進めることによって、採用コストの削減にもなるものです。

任せる仕事内容によっても変わる求める人物像

任せる仕事内容によっても変わる求める人物像

採用する職種によって、求める人物像は変わっていくものです。
その職種で求める人物像が何かを明確化することが大切です。
コミュニケーション能力でも、接客と販売では異なります。
社内の意思統一を図っていくことがミスマッチしない採用につながります。
大まかによいとされる人材よりも、自社に合う人材の方が能力を発揮してくれる可能性は高まり、早期退社を避けやすくなるものです。
曖昧な基準で採用を行っていたのなら、自社に合う人物像を明確とした採用を行っていくのがよいでしょう。

コラム一覧