コラム|株式会社イング【ING】

採用担当者が求める人材を集める広告とは

人材募集の広告について

人材募集の広告について

採用担当者が求める人材を募集する際の広告には様々なポイントがあります。
多くの会社では優秀な人材を募集するとき、求人広告を活用していることが多いです。
多くの優秀な人材にアプローチできる広告は、会社が求める人材を採用するにあたって欠かせません。
広告は求職者とコミュニケーションをとる手段のひとつです。
若年層を採用したいと考えている会社は、職場の雰囲気が伝わる文章や写真を使用しましょう。
若年層は、内定をもらったとき職場の雰囲気を重視して、入社する会社を決める傾向にあります。
これまでは、給与の高さを重視する人が多い傾向にありましたが、近年、自分に合う会社がどうかを判断基準にしている人が多いです。
ストレスがなく、楽しく働ける会社だということが伝わる広告にしましょう。

ミスマッチを防ごう

ミスマッチを防ごう

広告では、採用したい人材がどのような人なのか明確にしておく必要があります。
年齢、性別、学歴、経験、資格などを明らかにした上で、広告媒体を選択してください。
また、競合を意識することも大切です。
競合他社よりも優位性があるか、見劣りがしないかといった点も意識しましょう。
採用担当者は、求職者を採用したあとにミスマッチが発生し、すぐに退社してしまったという経験があるのではないでしょうか。
ミスマッチを防ぐために、広告は見栄えばかりを意識した極端なデコレーションを避けなければなりません。
見栄えが良い広告は、応募者が増えます。
しかし、会社は応募者を増やすためだけに広告を出すのではなく、採用後に活躍できる人材に入社してもらうことが一番大切です。
バリバリ働くベンチャー企業が、広告上ではアットホームな職場を表現していることも少なくありません。
誤った表現をすると、採用後にミスマッチが発生します。
ミスマッチは会社も内定者もメリットがありません。
最近では、SNSを活用して情報発信している人が多いため、ミスマッチが原因で退社した人が会社に対するネガティブな書き込みをするリスクが高まります。
ブランディングにも大きな損害が出てしまうため、広告は正直に書くことが重要です。

コラム一覧