コラム|株式会社イング【ING】

採用担当者は福利厚生の現況を知っておこう

福利厚生は従業員や求職者に対するメッセージ

福利厚生は従業員や求職者に対するメッセージ

採用担当者は、外部環境を理解した上で自社に適切な福利厚生を知っておかなければなりません。
その理由は、人材確保の観点から働きやすさの向上が重要になるからです。
魅力的な福利厚生は求職者に対してアピールすることができます。
その会社で働きたいと感じることができる福利厚生を取り入れなければ、募集者が少なくなり優秀な人材を採用することができないでしょう。
近年、ベンチャー企業や中小企業でも大企業に負けない福利厚生を取り入れている会社も少なくありません。
福利厚生を戦略的に活かすことができ、さらに会社のブランディングや採用に良い影響をもたらします。
福利厚生は、従業員や求職者に対して会社の良さを伝えるメッセージと言えるでしょう。
その会社で働いていくことの課題や不安を、福利厚生で解消できることが伝わるメッセージを従業員や求職者が認知することで、働く意欲が高まり、会社も求職者にとってもメリットをもたらします。

求職者に魅力的な福利厚生をアピールしよう

求職者に魅力的な福利厚生をアピールしよう

スキルアップを支援する福利厚生も、求職者にとって魅力的に感じるでしょう。
例えば、資格を取得する費用を会社が負担するといった福利厚生は、従業員の成長やスキルアップを支援しているというメッセージになります。
実際に、福利厚生を利用して資格を取得した従業員がいれば、新規採用の募集要項やweb上で紹介すると、会社の魅力のひとつとしてアピールすることが可能です。
また、従業員の健康管理のための福利厚生も欠かせません。
うつ病や過労死などの言葉を良くメディアで取り上げられていますが、こういった問題は会社のイメージダウンになり、応募者が減ります。
ジムの利用料が無料、カウンセリングなど従業員の健康管理する福利厚生があれば、安心して働ける会社だと認知させることができるでしょう。
福利厚生は従業員が働きやすい環境をつくるひとつの方法ですが、上手く活用すると採用面でも大きなメリットがあります。
求職者の応募数が少ないといった悩みを抱えている会社は、福利厚生をアピールしてみてはいかがでしょうか。
福利厚生をアピールすることは、優秀な人材を採用することにつながります。

コラム一覧