コラム|株式会社イング【ING】

ハイパフォーマーの特性を分析して採用する方法とは

ハイパフォーマーの特性とは

ハイパフォーマーの特性とは

ハイパフォーマーとは高い成績を残す優秀な人材を指しています。
様々な価値観を持つ多様な人材が、企業に在籍している中で、ハイパフォーマーが数多くいれば全体のパフォーマンス向上につながります。
企業側としてはハイパフォーマーの特性があることを分かったうえで採用したい狙いがあるはずです。
ハイパフォーマーの特徴としては、思想や価値観から今何をすべきかを判断できることです。
他の社員との共有や、企業根本となる価値観も理解し、人材育成や組織力を高められます。
また、自発的な行動をして指示されなくても自分で考えて行動する力も高いです。
行き当たりばったりの行動をするのではなく、その行動には裏付けがあります。
知識やスキル、行動特性から考えるとハイパフォーマーの採用率は高くなっていきます。
ハイパフォーマーの分析を進めることで、今後の人材育成手法が精査できて、より多くのハイパフォーマーを増やすことができるでしょう。
さらに、人材流出のリスク防止にも役立ちます。

人事データを活用しての採用

人事データを活用しての採用

ハイパフォーマーの特性を理解していたとしても、すぐにハイパフォーマーであるかを判断するのは難しいです。
そのため、採用管理システムを使って管理するのが一つの方法となります。
人事データを活用して人材開発に生かしていくことが今後の企業の発展にもつながります。
人的資源ほど企業や会社を動かすのに重要なものはありません。
企業が求める人材との出会いの機会を増やすことは、どの企業にとっても大きな課題となります。
人事データをどう活用すれば分からない場合は、専門業者に依頼することも考えた方が良いでしょう。
適正検査を適切に運用すれば、人的資材を無駄なく活用していけます。
これから適性検査の視点からハイパフォーマーであるかを判断し、企業の成長を支える優秀な人材を確保していきましょう。

コラム一覧