会社を変えるリファラル採用とは | 株式会社イング【ING】
コラム|株式会社イング【ING】

会社を変えるリファラル採用とは

リファラル採用とは

リファラル採用とは

会社を変えるために、リファラル採用を導入している企業も少なくありません。
リファラル採用のメリットは、コストを抑えながら社風に合った人材を採用することができることです。
応募数が少ない企業や、スキルに見合った人材を採用することが難しい企業はリファラル採用を導入してみてはいかがでしょうか。
リファラル採用とは、社員に友人知人を紹介してもらう採用方法のことですが、重要なことは自社に適切な制度を考えることです。
他社が導入している制度を参考にしても、自社に合わない制度であればリファラル採用を取り入れる意味がありません。
また、ハードルが高いと感じるリファラル採用も避ける必要があります。
ハードルが高ければ、社員は不安を感じるでしょう。
紹介した社員と友人知人の仲に亀裂が走らないように注意を払うことも大切です。
安心感を与えるリファラル採用を取り入れてください。

リファラル採用を導入する際には

リファラル採用を導入する際には

リファラル採用は従業員ひとりひとりがリクルーターとなります。
そのため、成功すれば広告を出す必要や、採用ページをつくる必要がありません。
しかし、社員が自分なりの表現で口頭やメールなどを使用して、求職者に情報を伝えるため、統一性がないというデメリットがあります。
採用面接で、求職者が社員から聞いていた話と違ったといった状況が生まれてしまう可能性もあるでしょう。
リファラル採用を導入しようと検討している場合は、リクルーターとしての教育を行い、情報に統一性をもたせる必要があります。
また、自社を周囲の人に紹介しにくい、面倒だと感じる社員も少なくありません。
いきなりリファラル採用を導入し、社員に強制させるのではなく、自主スタートから始めてみるといいでしょう。
社員もリファラル採用が自分にメリットがあることだと感じなければ積極的になれません。
例えば、紹介した人が採用になれば報酬を与えるなど、工夫が必要になります。
社員の仕事を増やすだけのリファラル採用は会社にとってもメリットが少ないです。
採用コストを削減したい企業や、ある程度求職者の質を担保された人材と会いたいという採用担当者はリファラル採用を取り入れてみてはいかがでしょうか。

コラム一覧