人事の採用担当者として求められる人 | 株式会社イング【ING】
コラム|株式会社イング【ING】

人事の採用担当者として求められる人

ジャッジが出来る企業担当者

ジャッジが出来る企業担当者

企業が応募者を採用するときに、採用担当者として求められる人がいます。
求められる人は2つの対応があります。
まず一つの求められる人のタイプは、優秀な人材を見つけ出してジャッジする力がある人です。
冷静な判断によって多くの応募者の中から、優秀である人材を見つけることができる力は採用には不可欠でしょう。
見た目や口先の言葉に惑わされず、情報によっても、偏見の目で見ないことが冷静なジャッジをすることにつながります。
冷静なジャッジによって採用された人材は、会社のためにプラスとなり、すぐに辞職をすることも避けられるでしょう。

フォローが出来るのが求められる人

フォローが出来るのが求められる人

企業にとって大切な人材を見抜く面接ですが、採用担当者に人材を見抜ける力がなくては意味がありません。
応募者の話す言葉の意味を理解し、フォローすることができる人、自社の魅力を伝えることができる人は、採用担当者として求められる人です。
応募者の多くは、採用時の面接で緊張しています。
また、上手く自分の言葉で話せない人や、話した内容が少しずれている場合もあるでしょう。
そのような応募者の気持ちを理解して、話したい事を把握でき、フォローする力がある人は採用担当者として求められる人です。
さらにこのような人物は、会社の魅了もしっかりと応募者に伝えることができます。
表現する力が秀でているので、会社の魅力も最大限に表現することができるでしょう。
応募者も会社の魅力を聞くことで、その会社で働きたいという気持ちになり、このような企業担当者がいるなら、一緒に働きたいという気持ちにもなるはずです。
ジャッジできる力とフォローできる力を備え持つ人物がいれば、採用はこのような力を持った人に任せれば、優秀な人材を見つけだすことができます。
しかし、ジャッジ力とフォロー力を、一人の人が併せ持っていることは難しいでしょう。
企業担当者はどちらかの力を持った人を、採用担当者として置くことが望ましいのです。

コラム一覧