コラム|株式会社イング【ING】

ポテンシャル採用を活用するときの見極め方とは

ポテンシャル採用とは?

ポテンシャル採用とは?

求人を出してもなかなか応募者が来てくれない、採用したいと思える人材が来ないといった悩みを抱えている企業は多いのではないでしょうか。
特に現在のような「売り手」市場となると企業の間でも優秀な人材が確保できる企業とそうでないところに大きく分かれてしまうでしょう。
経験があり、最初からその職種で活躍できる即戦力になる人材を求めようと思っても難しいことが多くなっています。
しかし、応募者が経験を積み重ねて磨いてきた今ある能力ではなく、これから伸びそうだと感じる部分を見込んで見てみると、採用の幅がぐっと広がるはずです。
特に未経験の新卒や第二新卒、勤務年数の短い中途採用枠の人にはこれからもっと活躍できる「伸び代」を持った人もたくさんいます。
こうした人たちを積極的に採用する方法がポテンシャル採用です。

長期的な視野で人材を見極める

長期的な視野で人材を見極める

すぐに現場で使える能力がある「即戦力」を求めるよりも、もっと長期的な視点で企業にとって有益となりそうな人材を確保する「ポテンシャル採用」を取り入れる企業が増えています。
ポテンシャル採用はその分野が未経験の人や経験の浅い人でも、企業が決めた判断基準を元にこれから伸びそうだと思う人を採る方法です。
応募者にとっては未経験の職種や業界でもどんどん飛び込んでいけるというメリットがあります。

一方、募集する企業にとっても、これから指導をしていく必要はありますが即戦力の採用が期待できず人手が足りない状況を打破できるだけでなく、長期的に見て有望な人材に育て上げることができる可能性も秘めています。
ポテンシャル採用では、具体的にどの部分をポテンシャルと捉えるかは企業の判断に委ねられます。
そのため、曖昧でわかりにくいイメージがあるかもしれませんが、よく取り入れられる判断基準の1つに「ポータブルスキル」があります。
ポータブルスキルとは、業界や職種に関係なくどこででも通じるスキルのことで、コミュニケーション能力や計画を立て実行する能力などが含まれています。
ポテンシャル採用では応募者に前職での働き方を聞くことや、グループワークでの活躍を見ながら総合的に判断することが重要になります。

コラム一覧