コラム|株式会社イング【ING】

採用におけるコンセプチュアルスキルの活かし方

長期的な人事戦略を見据える

長期的な人事戦略を見据える

物事の本質を見極める能力となるコンセプチュアルスキルは先天的な要素に大きく影響されるスキルではあるものの、意図して高めることもできないわけではありません。
理論的思考力や論理思考力向上につながり、柔軟性や受容性などにもプラスに作用します。
強い組織を作り上げるうえで、コンセプチュアルスキルを向上させる意味は大きいです。
ただ、コンセプチュアルスキルは複数の要素が絡み合い、いきなりすべてのスキルを身に付けることは難しいといえるでしょう。
各スキルを1つずつ身に付けていくことからスタートするのが望ましいです。
それぞれが持つスキルに対して正確な人事評価制度を構築できるのもひとつの大きなポイントになります。
人事評価制度が組織内に存在していないと、本当の能力に気付けません。
どの人材がどの場に適しているのかを明確にすれば、魅力的な人材へと自ら成長してくれる理由になります。

幅広い人材起用を行うために

幅広い人材起用を行うために

人材を獲得した後にどういった業務を行ってもらうかは、おおよそは決まっているはずです。
ただ、本当にその業務が適しているかという問題もあります。
場合によってはその人材を獲得すべきかという問題にもつながるでしょう。
コンセプチュアルスキルを人事業務に活用することで、幅広い人材起用を行えるようになります。
簡単なテストを行って評価する研修を導入している会社も少なくありません。
コンセプチュアルスキルを育成することで適材適所に人材を配置できるものの、すぐに能力が伸びるというわけではないです。
数多くの経験やトレーニングを積むことで養われていくため、長期的な視野を持たないといけません。
ビジネススキルにはコミュニケーション力、交渉力、ヒアリング力、プレゼンテーション力などのさまざまなスキルがあります。
それぞれの人材が優れているスキルを見極め、さらには向上させていくことが組織力向上につながっていきます。

コラム一覧