人手不足を解消する採用 | 株式会社イング【ING】
コラム|株式会社イング【ING】

人手不足を解消する採用

少子高齢化の世の中では求める人材を明確化する

少子高齢化の世の中では求める人材を明確化する

採用をしても、企業とのミスマッチが起きるとすぐに退社につながって人手不足になってしまいます。
少子高齢化の社会では人手不足が叫ばれていて長年の課題となっています。
すぐにこの課題が解決されることもありません。
少子高齢化で人手不足な上に人材は都市部に流れがちになるので、地方企業は少子高齢化のため人手不足に頭を悩ませている所が多いのです。
少しでも優秀な人材が欲しいと思っている企業では採用を行うときに、企業が欲している人材を明確化して少子高齢化の人手不足を解消しましょう。
明確化することでミスマッチが解消しますし、本当に希望する人材が応募してくる可能性が大きくなるのです。
採用時にこんなはずではなかったとお互いが感じれば、採用時の精度はどんどん低下します。
採用時の精度が高いとお互いが採用と入社を希望するのですぐにマッチング出来ます。
採用の精度が上がれば、人材確保に時間を強いられることもないのです。

職場環境の見直しの課題

職場環境の見直しの課題

人手不足のためにアルバイトを雇って業務を行っても、アルバイトが過酷な時間の業務にブラック企業だとSNSで書けば、情報化社会の世の中では一気に悪い企業である噂が広がってしまいます。
良いことはあまり広がりませんが、悪い噂は一気に広がります。悪いうわさが広がるとその企業に入りたいと思っていた人も応募を解消しようと思うのです。
悪い噂を解消するためには職場環境の改善が課題です。
長時間労働や過酷な待遇での業務であればそれを解消しなければ優秀な人材は集まりませんし、今いる優秀で貴重な人材も離れていく可能性があります。
過酷な労働環境があるのなら今いる従業員の人数では、業務が追い付いていないことになります。
そのために新しい人材を欲しいと思っているのでしょうが、既存従業員で現状の業務をこなすにはどうするべきかを考えて、職場環境を改善していくことも課題です。
職場環境が良くなり改善されると、悪い企業である噂もなくなるので、採用に応募してくる人材も多くなるでしょう。

コラム一覧