コラム|株式会社イング【ING】

人材採用面接で担当者がする質問とは?

企業にとって採用するメリットがある人材とは

企業にとって採用するメリットがある人材とは

採用面接時に担当者は「志望動機はなんですか?」、「強みを教えてください」などよくある質問を投げかけてしまいがちです。
企業の採用面接でありきたりな質問をしてしまうと、企業にとって即戦力になり、業績に貢献できる人材かを見極めることが難しいでしょう。
採用面接時間は無限ではないため、時間内に的確な質問をしなければなりません。
そのため、企業にとって採用するメリットがある人材かを見極める、的確な質問について知っておきましょう。
まず、優れている人材かどうかを見極める質問として「採用後の働き方」について聞いてみてください。
採用面接を受けた動機を考えている人は多いですが、採用後にどのように働きたいのかが明確になっている人は少ないです。
この質問にしっかり答えることができる人は、採用後にしっかりとその企業で働くイメージができている人でしょう。
その後、イメージと企業が求めている人材がマッチすれば、企業にとってメリットのある採用になるかもしれません。

採用面接の質問

採用面接の質問

採用後の働き方に加えて、望んでいない仕事をしなければならなかったときの対処法について質問してみましょう。
仕事は自分の好きなことだけできる環境とは限りません。
そのため、採用後にイメージした仕事を違う場合モチベーションが下がってしまうことがあります。
モチベーションが下がると、すぐに退職してしまう恐れがあるため、やりたい仕事ができなかったときの対処について聞いておくことはとても重要です。
そのときのために、モチベーションが下がったときに、自分でどのようにモチベーションをあげるのかといったことも聞いておくと良いでしょう。
また、簡単には乗り越えにくいことが出来ても、向かっていけるかを見逃さないよう注意してください。
企業にとって採用するメリットがある人材とは、自分で考えて行動し、前向きに進んでいくことができる力を持っている人ではないでしょうか。
企業のためだけでなく、面接応募者にとってもその企業で働くメリットがあることも大切です。

コラム一覧