コラム|株式会社イング【ING】

適性検査の必要性

就職・転職の際に実施する適性検査

適性検査というと、どういった職種に向いているのかを判断するための検査です。
新卒者向けの求人に対しての応募者や、転職希望の中途採用者も対象に行うことがある検査ですが、同業種からの転職の際には行わないという企業も多いかもしれません。
従来はペーパーテストによる検査が一般的でしたが、近年ではWEBを通じて実施することが増え、急速に普及しつつあるようです。
この適性検査を受けた人の回答をもとに、その人がどういった業種に向いているのか、ある程度は判断することができるので重宝されています。
人それぞれに向いている業種もあれば、逆に不向きな業種もあるのが普通です。
そのため、有効な適性検査が一般化するまでは、人材を採用する企業の担当者は見極めに苦労していました。
しかしこれでは効率が悪く、本当に望んでいる人材を採用することは難しいので、適性検査の必要性が高まったわけなのです。

適性検査の必要性について

一般には、求人に対する応募者に適性検査を受検させたり面接などによって、業務に向いているかどうか、そして性格や能力などを判断することになります。
しかし、場合によっては膨大な量の応募が行われることもあるので、そうした際には適性検査の結果は有力な判断材料になります。
企業によっては、適性検査で芳しくない結果が出た場合、その時点でNGの判断を下すかもしれません。
適性検査が誕生してから、多くの企業が実施していますが、これだけ重宝されているというのは適性検査の有効性が認められた証拠ともいえるでしょう。
適性検査は常に進化しており、検査結果の信ぴょう性も年々高まっています。
求人応募者の選定業務はとても大変で手間がかかり、何よりも人力だけでは不完全です。
短時間で、わずかな情報を参考に採用するか否かを判断するのは無謀と言ってもよいものです。
企業の将来を担う人材採用の場には、有効性が実証されている適性検査をぜひ活用しましょう。

コラム一覧