コラム|株式会社イング【ING】

採用する際の適切な面接とは

企業の成長に関わる採用面接

企業の成長に関わる採用面接

企業の人事担当者は、採用について悩みを抱えていることが多いです。
採用面接は、企業の成長を目指す上で重要で、企業にとって必要な人材であるか、しっかりと見極めなければなりません。
近年、時間をかけ育て甲斐のある人材よりも、入社後すぐに即戦力となる人材採用が求められるようになってきています。
そのため、担当者は、採用面接で一人ひとりの能力を見極める必要があります。
即戦力になると思って採用したが、即戦力にならず、社風にも合わないなどのミスマッチを防ぐことも重要です。
採用面接には様々な費用もかかるため、莫大な費用を費やしたのにも関わらず、早期退職という結果などをできるだけ避ける必要があります。
また、優秀な人材は、複数の内定の中から自分が働きたい企業を選ぶため、欲しい人材を口説くスキルも必要でしょう。

採用面接の担当者に必要なこと

採用面接の担当者に必要なこと

採用面接の担当者は、応募してきた人の能力や性格など、様々な情報を短時間の面接で把握しなければなりません。
面接を受ける側は緊張していることも多く、予め質問を予想し、答えを考えてくるため、本来の姿ではないでしょう。
本来の姿を引き出すためには、担当者自らが場の雰囲気を作ることが大切です。
本来の姿を引き出し、自社の社風と合うか、即戦力となる人材なのかなどを判断します。
実際に働いた時に、どのような活躍をするのかといったイメージを持つと、ミスマッチを防げるでしょう。
また、採用の決断をするのは企業側ですが、企業側も選ばれているということを忘れてはなりません。
面接応募者が求めている企業の情報を的確に伝えましょう。
採用面接の担当者は、企業の顔です。
面接応募者は、企業に働いているすべての社員と会って話すことができません。
企業を代表して人事担当者が面接するため、担当者の印象が入社したいかどうかに影響します。
欲しいと思った人材を採用し、入社してもらうために自社の魅力を伝えるスキルも身につけましょう。

コラム一覧