コラム|株式会社イング【ING】

中途採用と新卒採用の差とメリット・デメリット

新卒採用と中途採用の違い

新卒採用と中途採用の違い

企業では毎年、新卒採用を行っていることが多いですが、中途採用も募集している場合が多いでしょう。
新卒採用と中途採用の違いや、それぞれのメリットとデメリットを把握しておくことが大切です。
まず、新卒採用と中途採用の違いについてですが、新卒採用は将来的な活躍を期待していることが多いでしょう。
社会経験がないため、業務の知識はもちろん、社会人としてのマナーやルールから教育していきます。
中途採用では、社会人経験があるため、これまでの実績やスキルを求めることが多いです。
これまでの経験を活かし、取り組んでもらいたい業務に就いてもらうことができます。
新卒採用では、学生時代の評価や人柄が採用基準となり、中途採用では実績やスキルが採用のポイントとなるでしょう。
採用基準にも違いがあること知り、自社に必要な人材であるか見極めてください。

それぞれのメリットとデメリット

それぞれのメリットとデメリット

新卒採用のメリットは、自社に関心が高く、優秀な人材を見つけやすいことが挙げられます。
優秀な人材を採用することができれば、将来の幹部候補として教育していくことが可能です。
また、社員の年齢構成が均一になるため、企業が安定して成長できることもメリットとして挙げられるでしょう。
デメリットは、採用までの選考プロセスに時間がかかり、即戦力が望めないことです。
また、研修などが必要になるため教育にコストがかかります。
多大なコストをかけても、社会人経験がないため入社後のミスマッチが起こりやすいでしょう。
中途採用のメリットは、即戦力となり、研修コストを抑えることができることです。
また、採用までの時間が短いため、スムーズに欠員補充や人員増員に対応できます。
前職で身につけたノウハウを取り込めることもメリットの一つでしょう。
実績のある中途採用は、新卒採用よりもミスマッチの可能性が低いです。
デメリットは、これまでのやり方にこだわってしまい、自社での働き方と合わない可能性があることです。
働き方に納得ができなければ、すぐに転職してしまうでしょう。
また、中途採用が中心の企業は採用コストがかかり、新卒が入りにくいといったデメリットもあります。
それぞれのメリットとデメリットを理解し、自社に合うバランスの良い採用をしましょう。

コラム一覧