w 適性検査の種類について | 株式会社イング【ING】
コラム|株式会社イング【ING】

適性検査の種類について

人員採用の際に重視される適性検査の種類について

適性検査は、求人に対して応募があった場合、応募者の能力や、どういった仕事内容に向いているのかなどが把握できる検査です。
適性検査には種類があり、いくつかに分類することが可能です。
まず「能力の適性を測るもの」ですが、一般的に必要とされている能力の有無を見分けたり、その他にも特別な能力があるかを測ることができます。
特殊で一般的ではない業務の場合は特に、その仕事に向くか向かないかの適性は重要になるので、こうした検査はいっそう重視される傾向があります。
他には、「興味や志向性を判断するもの」もあります。
この適性検査を行うことによって、その人が本質的にどういった職種に向いているのかが判断でき、固有の価値観に関しても知ることが可能でしょう。
求人応募者に対して行うだけでなく、異動や配置換えの際など入社後にも行われることのある適性検査となります。

適性検査の種類は多種多様

上記の他にも複数の適性検査がありますが、行うべき検査の種類を見誤らないようにしてください。
「性格を判断するもの」は、本人が普段どういった行動をとる傾向があるか、どのような考えを支持しているのかなどを把握することができるでしょう。
この性格適性検査は、細かく分けると質問紙法、作業検査法、投影法などの方法があります。
質問紙法は、おそらく最も用いられる性格適性検査で、比較的楽に行えます。
作業検査法については、定められた作業を行うことによって、その内容や結果から性格を判断するものですが、正確な判定には専門家の関与が必須です。
投影法は、受検者がダメージを感じやすい傾向にあるので、注意して実施する必要があります。
性格適性検査以外には「総合適性検査」もあります。
これは、能力適性検査や興味や志向性を判断する検査で、性格検査を全て行って、結果を導き出す方法になります。

コラム一覧