コラム|株式会社イング【ING】

グループ面接で採用するかを見極める

グループ面接のメリット

グループ面接のメリット

企業の採用には面接は欠かせませんが、個別面接とグループ面接などの種類があります。
採用面接の選考が進むと、個別面接で採用を決定しますが、グループ面接のメリットや採用にどのように影響してくるのかを知っておきましょう。
グループ面接のメリットのひとつに、一度の面接でたくさんの応募者と出会い、まとめて質問できるといったことが挙げられます。
個別面接では、一人に対して30分程度の面接時間を設けますが、グループ面接では短時間で複数人にまとめて同じ質問ができるため、応募者を比較しながら効率よく面接を進めていくことができるのです。
このメリットを活かし、最終選考までグループ面接を行う企業もあります。
大手や人気のある企業は応募者数が多く、グループ面接を行い、短時間で企業に必要な人材であるかを見極めてみてはいかがでしょうか。
しかし、注意しなければならない点もあります。
まとめて複数人に同じ質問をするということは、先に答える人と最後に答える人が出てくるため、前の人が答えたことを参考にしている可能性があるでしょう。
本来の姿を引き出す工夫や、見抜く力が担当者には求められます。
また、グループごとの比較が難しいことも理解しておきましょう。

グループ面接について

適性検査の選び方とは

グループ面接での質問は、様々な視点と組み合わせていることがポイントです。
志望動機や将来のビジョンは何かという質問だけではなく、興味があるニュースは何か、休日はどのように過ごしているかなどの質問を組み合わせることで、入社後どのように活躍するのかをイメージすることができるのではないでしょうか。
また、グループ面接では避けたい質問もあります。
例えば、家族や学歴についてです。
できるだけ個人情報が含まれている質問は、避けましょう。
グループ面接では、深く聞きたい情報を聞けないこともあるため、魅力的な人材であれば担当者は次回の面接で深く質問することになります。
グループ面接の特徴を活かした採用面接を取り入れましょう。
グループ面接を行うことで、効率よく欲しい人材を採用し入社につなげることが可能です。

コラム一覧