コラム|株式会社イング【ING】

ポテンシャル採用での適性の見極め

潜在能力を重視するポテンシャル採用

潜在能力を重視するポテンシャル採用

人材採用の方法は様々ですが、企業の成長につながる人材を採用するためのポテンシャル採用というものがあります。
ポテンシャル採用とは、潜在能力を重視した採用面接です。
毎年行う新卒採用とは別に、不定期で募集する中途採用には即戦力となる人材を採用するキャリア採用と、ポテンシャル採用の二つがあります。
キャリア採用では、前職の実績や経験、スキルをみて自社の即戦力となる人材であるかを見極めますが、ポテンシャル採用では、即戦力となる人材ではなく、成長の可能性を判断基準とするのです。
ポテンシャル採用では、20代の若手がメインとなる場合が多いでしょう。
成長の可能性を判断基準とする場合、新卒採用でも良いのではないかと思う人も少なくありませんが、中途採用でのポテンシャル採用にはメリットがあるのです。

ポテンシャル採用のメリット

ポテンシャル採用のメリット

ポテンシャル採用のメリットは、社会人としての経験があるため、社会人としてのマナーを教育する必要がないことです。
新卒は社会人経験がないため、研修に時間とコストがかかります。
また、20代の若手が中心となるため、前職のカラーに染まっていないことも一つのメリットでしょう。
キャリア採用で入社した人は、自分のやり方が既にあるため、自社とのやり方が合わず、短期で離職してしまう可能性がありますが、ポテンシャル採用で入社した人材は、新卒と近いイメージであるため、柔軟に対応ができます。
しかし、キャリア採用のように実績がないため、判断基準が曖昧で、潜在能力を的確に見極めることが難しいという特徴があることも理解しておきましょう。
ポテンシャル採用の評価方法は、主に、学生時代を含め、これまでの経験の中で培った知識、スキルを様々な業務に転用することができるかです。
また、コミュニケーション能力や問題解決能力、情報収集能力も見極めるポイントになります。
仕事に対しての考え方や、どのような考えをもって物事を判断しているかを見極め、成長の可能性を判断しましょう。
自社のビジョンにマッチしているか、実現できる可能性があるかを、しっかりと見極めましょう。

コラム一覧