コラム|株式会社イング【ING】

採用面接時に職歴詐称を見抜く方法とは

採用ミスマッチを防ぐ

採用ミスマッチを防ぐ

企業の採用面接について悩みを抱えている担当者も多いのではないでしょうか。
悩みのひとつに、採用ミスマッチがあります。
内定を出し、採用した後に企業が求めていた人材と違ったなど採用ミスマッチはよく起きることです。
採用面接には様々なコストが掛かります。
そのため、採用ミスマッチが起き、すぐに退社されると無駄なコストを掛けてしまったことと同じであるため、面接時に企業が求めている人材とマッチしているかを見極めなければなりません。
通常、1回きりの採用面接で内定を出しません。
最終的に内定を出す際は、経歴や勤務状況について詳しく話しを聞きます。
しかし、面接応募者の中には職歴詐称をしている場合があるため注意が必要です。
例えば、これまで経験してきた仕事の内容、勤務年数、職位、学歴などを偽っている場合があります。
内定欲しさに職歴詐称してしまう人がいますが、面接担当者がこのような嘘を見抜けなければ、後々トラブルを招いてしまうことがあるため慎重にならなければなりません。

職歴詐称を見抜く方法

職歴詐称を見抜く方法

職歴詐称を見抜くのは非常に困難です。
例えば、実際に正社員として働いたことがない企業にインターンシップとして経験がある場合、「勤務」と書かれていても担当者にはどのように勤務していたかなどの詳細はわかりません。
職歴詐称をする人によく見受けられる特徴があります。
それは、2社前の実績を大げさに言うことです。
また、自分の実績ではない他人の実績を自分のことのように言う人も多いでしょう。
このような場合は、詳細の質問をしても職歴詐称を見抜くのは難しいです。
職歴詐称を見抜く方法にひとつに、働いていたとされる企業に直接確認をする方法があります。
詳しく確認をすると企業に迷惑がかかるため、活躍した実績があるかなどのYes、Noで答えられる質問をしてみてください。
また、書類の確認もしてみましょう。
年金手帳や雇用保険被保険者証、源泉徴収票などの日付を見ると、職歴詐称がないかを確認することができます。
職歴詐称の疑いがある場合は、本人へ確認しましょう。
簡単に職歴詐称を見抜くことができませんが、採用ミスマッチを防ぐために慎重になることが大切です。

コラム一覧