コラム|株式会社イング【ING】

適性検査をするタイミング

就職・転職活動における適性検査について

就職・転職活動における適性検査について

新しい人材を効率よく選定するための適性検査ですが、適性検査には様々な種類があります。
応募者の性格を知るためのもの、適した業種を調べるもの、知的能力を測るものなど様々です。
また、人材を判断する材料の一つとして適性検査は活用できますが、適性検査を実施するタイミングは、できるだけ早めが原則になります。
適性検査を早めに実施することにより、様々なメリットがあり、一度の面接だけではわからない仕事への適性や、コミュニケーション能力、自社との相性、ストレス耐性、人柄を適性検査では、短時間で情報として得ることができるでしょう。
適性検査は、早期退職の予防策としても活用されているのです。

適性検査の結果をもとに人材を選定

適性検査の結果をもとに人材を選定

適性検査を早めに行うことにより、効率的に面接を行えます。
自社の求めている人材を明確にしてから、適性検査を参考に面接を行いましょう。
まずは、面接を行う前に適性検査の情報があれば、面接に来るのはどのような人物なのかをイメージすることができるでしょう。
そのため、適性検査の情報を踏まえた上で、面接で尋ねる内容を考えることが可能になり、より多面的に相手を理解することができます。
また、面接時であれば目の前にいる人材を、適性検査の結果と照らし合わせながら判断することができるのです。
さらに面接後では、面接時の発言や意図を理解し、改めて選定する材料に適性検査の結果を役立てることができ、その結果をもとに入社後の配属先などの検討にも活用できます。
適性検査を行うタイミングとして、書類選考と一次面談の間で行うのがおすすめです。
書類選考の時点で、候補者を絞った上で適性検査を実施することにより、適性検査実施に対する費用のコスト削減にもつながるでしょう。
しかし、短期間で効率的に情報を得ることができる適性検査ですが、活用の仕方を間違えてしまうと意味がありません。
適性検査をより効率的に活用するためには、タイミングが大切です。

コラム一覧