コラム|株式会社イング【ING】

人材採用における使える人とは?

企業が求める使える人とは?

企業が求める使える人とは?

採用面接で重視したいポイントのひとつに「使える人」であるかといったポイントがあります。
では、「使える人」とはどのような人のことを言うのでしょうか。
中小企業では、採用した人材を育てがいのある人材よりも、企業の業績に貢献できる即戦力が必要です。
また、すぐに辞めない人材も重要でしょう。
この2つの要素がある人を「使える人」としたとき、採用面接で気をつけたいことは、本質を見抜くことができるかといった点ではないでしょうか。
なぜ採用面接に応募したのかを知る必要があります。
例えば、転職活動で企業に採用面接を受けにきたとき、何がきっかけで転職活動を始めようと思ったのかを聞いてみてください。
サービス残業が多いから、労働時間と給与が合っていないから、などと返ってきた場合、たいていの人は他にも理由があります。
サービス残業や給与の低さはきっかけであり、本当の転職理由はその会社で働く気力がなくなった、環境を変えたかったなどの気持ちを持っている人が多いです。
そのため、転職の場合は転職をしようとしたきっかけを聞き出すことができれば、建前ではなく本質に近づける可能性が高まります。
転職した理由を聞きだすことが、「使える人」を採用する第一歩になるでしょう。

使える人かどうかを見抜く

使える人かどうかを見抜く

質問だけでなく、書類にも「使える人」であるか見抜くポイントがあります。
これまで働いてきた会社について、職位、どのように働いていたのかなどを書類からシミュレーションしてみてください。
企業が求めている人材とマッチする部分多ければ、その企業にとって「使える人」である可能性があります。
また、新卒の採用面接では、入社後にどのように働くのかをイメージさせてあげることが大切です。
中途採用のように、前職の実績がない新卒は「使える人」を見抜くことが難しいですが、面接時に考えさせる必要があります。
就職活動に対してどのように取り組んでいるのか、工夫はしているのかなどがわかれば、「使える人」を見抜くことができるでしょう。

コラム一覧