コラム|株式会社イング【ING】

自社に合う人材を見極める採用方法とは

自社に合う人材を見極める

自社に合う人材を見極める

新卒で入社した社員の約3割が、入社後3年間で辞めてしまうことが多いのではないでしょうか。
ミスマッチが原因で起きる離職は、企業にとってはもちろん、両者ともに避けたいことです。
ミスマッチを防ぐためには、自社に合う人材を見極める「採用力」が企業側に問われます。
「自社に合うかどうか」を見極めるには、面接での志望者との会話が重要になります。
例え、大学名や実績など志望者の肩書が優秀であっても、「自社に合うかどうか」は知ることができません。
人との会話である面接は、志望者が「自社に合う人物かどうか」が見えてくるのではないでしょうか。
面接を行うにあたって、事前に社内で「求める人物像を具体的に設定」し、「共有」しておく必要があります。

面接時に気をつけるべきこと

面接時に気をつけるべきこと

面接時においては、志望者の「人となり」を引き出すことを目的としましょう。
当然ですが、面接時に志望者は緊張しています。
面接官は、志望者が素の状態で話せるよう、リラックスできる雰囲気を作り出すことが大切です。
そうすることで、その人の「人となり」を引き出すことができるでしょう。
面接時において企業側が気をつけるべきことは、大きく分けて2点あります。
1点目は「未来よりも過去のことを聞く」ことです。
その人の過去からしか、未来は見えてこないからです。
「どんなことを大切にしてきたのか」「どんなときに喜びやモチベーションを感じてきたのか」そうした過去の経験の延長線上に、未来は見えてきます。
まだ起こっていない不確実な未来のことを語ってもらうよりも、変えることのできない過去の経験を照らし合わせる方が、より志望者の「人となり」が見えてくるのです。
2点目は、その際に「なぜ」「どうしてなのか」「具体的に」掘り下げて質問をすることです。
志望者にそうした根拠や理由を示してもらうことで、よりその人らしさや個性を知ることができます。
面接時は、志望者の「人となり」を引き出すことで、自社に合う人物を見極めましょう。

コラム一覧