コラム|株式会社イング【ING】

web適性検査の特徴について

人材を判断するための適性検査

人材を判断するための適性検査

普及が進んでいる適性検査は、一体どのようなことがわかるのでしょうか。
適性検査は、人材を様々な視点から判定し、求める人材かどうかを判断することができます。
適性検査の内容としては、個人差のある、人材の能力、性格、コミュニケーション能力、ストレス耐性、抑うつなど人材採用時に面接官の主観による影響を受けずに判断することが可能となります。
また、自社にあった人材だと思い、採用後に入社してもすぐに退職してしまうなどの早期退職を避けるためにも、適性検査は活用されています。
相手を理解するために必要な感情、知能、意欲など適性検査を活用することにより、その人の全体像を知ることができるでしょう。
現在だけではなく、将来に対する意欲を、科学的な根拠を基に知ることができるのは、大きなメリットの一つです。
適性検査を実施することにより、情報が明確化され、他の受検者と比較が容易になります。

web適性検査の特徴

web適性検査の特徴

適性検査は、決して万能ではありません。
適性検査のメリットとして、短時間に効率的、また客観的に人材を判断する材料となりますが、求める人物像が明確でないと判断することは難しいでしょう。
適性検査によって、一度に大量の情報収集が短時間で可能というメリットは、採用担当者の負担を減らすことにも繋がります。
しかし、どの適性検査でも行えばいいというわけではなく、自社の採用基準に合った適性検査を行うことが必要です。
web適性検査は、2年間かけて行った採用選考時に知りたい評価項目を明確にし、アンケートとヒアリングをもとに作られています。
科学的裏付けもされているため、安心して利用することができます。
受検人数や実施形態に問わず活用できるweb適性検査は、webのアプリケーションを採用しているため、インターネットに接続できるパソコンがあれば簡単に情報の管理、編集が可能です。
Compassは、多様化する採用に合わせた柔軟な対応ができるので、自社の事情に合わせた選考のサポートをお任せ下さい。

コラム一覧