コラム|株式会社イング【ING】

優秀な人材を確保するためのweb適性検査の選び方

求める人材を明確に

求める人材を明確に

優秀な人材を確保するために、短時間で人材の能力、性格などを判定することができる適性検査を活用しましょう。
適性検査は様々な種類がありますが、自社の求める人物像によって選び方が異なります。
適性検査は、短時間で効率的に応募者の情報を得ることができますが、ただ行えばいいというわけではありません。
適性検査の種類により得られる情報が異なるため、自社の求める人材に合わせた適性検査を行わなければ、実施する意味がなくなります。
適性検査は人事担当者の負担を減らすことができますが、適性検査をより活用するためには、一定の基準をもとに適性検査を見極め、選ぶ必要があります。

適性検査の選び方とは

適性検査の選び方とは

適性検査は万能ではありませんが、適性検査の情報を参考にして人材選びをする事で、様々な問題回避や解決に役立ちます。
適性検査は多種類あるため、自社の求める人材を明確にし、基準に相応しい適性検査を選ぶことが大切です。
適性検査は、判定したい内容を表しているかといった視点で自社に合っているかどうかを判断します。
また、質問項目数は、少なければ個人差があまりでなくなりますが、あまりに多すぎる場合は応募者への負担が大きくなってしまうので、適性検査を選ぶ際には、事前に報告書の見本を確認すると良いでしょう。
適性検査は作成される上で、参考にした比較対象となるサンプリングデータの量と質が重要です。
量として、1000人以上である、さらには比較する対象が偏りのないデータであることがベストでしょう。
しかし、適性検査が求めているものであっても、検査結果が見やすいものでなければ意味がありません。
誤解を招くような表現になっていないか、見やすく表示されているかが選ぶポイントです。
適性検査を選ぶ際には、所要時間や手続きの手間、コスト面などに意識がいってしまいますが、適性検査の内容についても着目しましょう。
様々な適性検査を比較し、検討した上で導入することにより、優秀な人材を確保することにつながります。

コラム一覧