コラム|株式会社イング【ING】

企業と人材のベストな融合を追求する適性検査

「人は宝」との言葉通り、企業や社会を動かすのに、人的資源ほど重要なものはありません。
しかし、企業が求めるモデルにマッチする人材との出会いは、考えているほど容易なものではないことも、あらゆるビジネスの現場に共通する悩みです。
組織の生産性を高め、そこで働く一人ひとりのモチベーションを向上させるには、適材適所の人材活用があってこそ実現します。
採用や異動に際して実施する適性検査は、組織と現場の繁栄を促進する人的資源を無駄なく活用し、様々な形の損失を最小限に軽減するために大きな力を発揮するツールとして、今後ますます重要視されていくでしょう。
Web活用を含めて適性検査を適切に運用することは、キャリア開発からモチベーション向上、メンタルヘルスのサポートまで、幅広い分野で企業組織をバックアップします。

適性検査は様々なファクターによって結果を導き出し、年々その結果の信憑性は高まってきています。必要不可欠な存在だと考えている企業の人事担当者も多く、重宝されています。

適性検査を受けてもらうことで、その人がどういった能力があり、どの職種に向いているのかを判断することができます。性格適性検査の中にはさらに3種類の方法があります。

適性検査と知能検査は混同されがちですが目的や導き出される結果は全く別のものです。先天的な能力を測定する知能検査と異なり、適性検査では経験によって培われた人間性や倫理観を測定します。

応募者の性格や向いている仕事を判断する目的で適性検査が行われます。早いうちに行うことが多くその結果を用いて面接や合否の判定をします。適性検査については企業によって変わります。

適性検査は、就職や転職をする際に受けることが多いです。時代によってあり方は変わっていますが、常に進化を続けています。適性検査は、大体100年程度の歴史を有しています。

企業の内定者フォローの位置づけが大きくなっている今、企業は適性検査を行い採用するだけでなく、内定者へのフォローにも力を入れ、内定者の入社への意志を固めさせることも重要です。

採用選考時に行う適性検査にCompassを使う企業が増えています。15の因子設計による分析で、パーソナリティを細かく評価、社会におけるストレス耐性なども見極められます。

適性検査は人材を様々な視点から判定し、企業が求める人材か判断することができます。人物像を明確にした上で、短時間に効率的、客観的に人材を判断する材料となります

適性検査は様々な種類がありますが、自社の求める人物像によって選び方が異なります。短時間で効率的に応募者の情報を得ることができますが、ただ行えばいいというわけではありません。

採用面接の際に、内定欲しさに職歴詐称をしてしまう人がいます。職歴詐称を見抜くことは簡単なことではありませんが、採用した後にトラブルを招く可能性があるため慎重に見極めましょう。

採用面接で重視したいポイントのひとつに「使える人」であるかといったポイントがあります。採用面接で本質を見抜くことができれば、企業にとって「使える人」であるか判断しやすいです。

採用面接での企業にとって採用するメリットがある人材かどうかを見極める的確な質問について知っておきましょう。面接応募者にとってもその企業で働くメリットがあることも大切です。

中途採用をする際にIQを重視する企業が多いですが、心を測る基準であるEQも重要です。中途採用時には、EQが高い人の特徴と照らし合わせて判断してみてはいかがでしょうか。

自社に合う人材を見極めるためには、志望者の「人となり」を引き出すことが重要です。そうすることによりミスマッチを防ぐことができます。面接時に企業側が気をつけるべきことを紹介します。

人事部の抱える最も大きな課題のひとつに、「人材採用」において会社が求める人材が集まらないことが挙げられます。その課題を解決するためのツールとして、「適性検査」があります。

採用面接は、企業の成長を目指す上で重要で、企業にとって必要な人材であるか、担当者はしっかりと見極めなければなりません。担当者の印象が入社に影響することもあります。

企業の採用面接のひとつであるグループ面接は、様々な特徴やメリットがあります。グループ面接のメリットや採用にどのように影響してくるのかを知り、面接で活かしましょう。

中途採用面接は、人物、能力、アピールの3つの評価をもとに自社の即戦力となる人材であるかを見極める必要があります。しっかりと見極め、自社にとって戦力となる人材を採用しましょう。

企業の採用面接担当者は新卒採用と中途採用の違いやそれぞれのメリットとデメリットを理解しておく必要があります。それぞれの特徴を理解し、自社の成長につながる採用をしましょう。

人材採用と切り離せないのがコストの問題です。広告コストや人材紹介会社への報酬だけでなく、面接時間や労力などの内部コストがかかります。採用方法を工夫し、内部コストの削減をしましょう。

企業の成長につながる人材を採用するためのポテンシャル採用は、潜在能力を重視した採用面接です。仕事に対しての考え方や、どのような考えをもって物事を判断しているかを見極めましょう。